どうしてもって時の医療脱毛!

永久脱毛 医療期間で受けるレーザーはサロンのものとは違って、二度と毛が生えてくることのない永久脱毛!

わたしは医療機関派って人も少なくないはず。

でもでも、永久脱毛の効果が得られるということはそれだけ威力が強いってこと。

威力が強いとなるとサロンではほとんど感じなかった痛みが発生します。

痛みの感じ方は施術する部位や、痛みを感じる耐性にもよるので一概には言えませんけど、我慢できないほどの痛みを感じる人も少なくないです。

契約したら最後、この痛みには耐え続けなきゃダメなのでしょうか?(涙)

いいえ、安心してください。

施術を受ける先が医療機関ですから、麻酔を打つことができます。

痛いときには麻酔で対応

痛みへの耐性は人それぞれ 説明だと「輪ゴムでパチンと弾いた程度」って言われる痛みですけど、痛みへの耐性は人それぞれ。

輪ゴムの痛みだって細いものからすごく太いものまで様々です~。

特に皮膚が柔らかい部位や毛が太くて濃い場合には痛みは強くなってきます。

そんな場合は我慢せずに麻酔を打ってくれるよう医師に申告しちゃいましょう。

現在医療機関の施術時に使われている主な麻酔は下記の通りです。

  • 麻酔クリーム
  • 麻酔テープ
  • 笑気麻酔

医療機関で麻酔と聞けば注射を思い浮かべる人が多いと思いますが、ビックリなことに施術時に注射の麻酔が使われることはほとんどありません

ちなみに、麻酔を使う際にはその分余計に費用がかかります。しかも脱毛は保険適用外なので、1回3,000円くらいのお値段がかかっちゃいますね。

麻酔の利用はオススメできない・・・?

そこそこのお値段がかかってしまう麻酔ですけど、
ぶっちゃけ効果は期待できません

よくある歯医者の麻酔とかと比較しちゃうと、うーん。弱いです

麻酔クリームや麻酔テープは効果が出るまで時間がかかりますし、人によっては全く麻酔効果が感じられないことも。

麻酔 歯科での麻酔を思い出してください。

最初に麻酔シートを口の中に含んで、数分時間が経った後で再度注射で麻酔をしますよね。

これはまず柔らかい歯茎の表面に麻酔を効かせて、その後さらに深いところに麻酔を効かせる注射の痛みを緩和するためです。

脱毛でつかうのは最初に噛んでる麻酔シートくらいなもの。麻酔クリームや麻酔テープの麻酔もこんなもんで、表面にしか効かないんです。

麻酔クリームや麻酔テープなどの表面麻酔の効果があるのは、表皮から0.1~0.3mmの深さ

これに対して、照射されるレーザーの深さはワキの場合で約3.5mmです。

これでは麻酔が効いて痛みが和らぐなんてことは絶対ありませんよね。

笑気麻酔なんて特に気休め程度!
笑気麻酔はガスを吸って頭がボーっとなり、緊張して余計な痛みを感じないようにさせるだけです。

痛みに対する恐怖感や緊張感をほぐす効果って思っておいたほうが妥当ですよ。

意識がなくなるほど濃いガスを吸引するわけではありませんから、痛みに対する麻酔効果は期待できないのです。

となると、1回3,000円も払って麻酔をする意味もなくなってしまいますよね。

特別痛みに弱いという人とか初めてやるからって人ならオススメはしますが、そうでないならやってもやらなくても大した違いはないのです。

痛みに弱い人は「照射し放題」があるサロンがオススメ!

サロンがオススメ 永久脱毛にこだわるのもアリですけど、痛みを感じず脱毛したいという人には期間・回数無制限のコースがあるサロンがオススメです。

このコースがある主だったサロンは銀座カラーとシースリーがあります。

銀座カラーとシースリーは回数無制限、有効期間も無制限でなんと全身脱毛ができちゃうんですね。

この手のコースは、総額を支払い終えれば一生サロンに通い続けられる!

毛周期こそあけなきゃいけないものの、何回ごとって契約をする回数制とかより支払う金額の終わりが見えてて安心ですよね。

痛いのがとにかく嫌だけど、確実に毛無ボディになりたいって人には期間・回数無制限のコースのあるサロンがオススメですよっ。

Topics

【概要】
特集ページ⇒ 全身脱毛 どうしてもって時の医療脱毛! 医療期間で受けるレーザーはサロンのものとは違って、二度と毛が生えてくることのない永久脱毛! わたしは医療機関派って人も少なく…

zenshin_datsumou.gif

【NewTopics】
ミュゼプラチナムでVラインの施術 Vラインのお手入れは自己処理ではどうしてもチクチクしてしまうので限・・・ミュゼのVライン脱毛

Copyright (C) 2011 脱毛サロン(口コミ..怒)おすすめ疑惑..月額1648..安いトンデモ料金の裏. All Rights Reserved. [admin]